0歳から100歳までの動ける身体をつくる人財を育成する専門学校
保護者の方へ
資料請求はこちら
歯科衛生学科
歯科衛生学科の3つの特徴
その1.実習で得る広く、深い専門性
歯科疾患や予防処置、近年ではホワイトニングなどの美容分野や高齢者への口腔ケアまで、歯科診療の現場は広く深い専門性が求められます。学んだ知識をどう活かすのか、実際の現場を意識した臨床実習を通じて、「活きるスキル」を身につけます。
その2.歯科医療の土台はコミュニケーション
歯科医師のサポートや患者さんへの予防処置、学校内での口腔衛生指導など、様々な現場に対応するために欠かせないのがコミュニケーション力です。医療チームの中心として、患者さんとの窓口として欠かせないスキルを、実際の歯科医院などの現場で学びます。
その3.保険・介護分野でも活躍できる人財へ
超高齢化へと向かう現代において、歯科医療でも保険・介護の分野が重要になっています。介護施設などで高齢者に対する口腔ケアや、歯の健康維持のための指導が行える、社会のニーズに合った人材育成を目指します。
カリキュラムの流れ
1年:基礎
人の身体の仕組みから、歯科衛生士という職業についてなど歯科医療の基礎を学びます。また、KMSの歯科衛生学科では1年次より見学、実習等を行い、より実践性の高いカリキュラムを取り入れています。
・解剖学 ・口腔解剖学 ・歯科衛生士概論
2年:専門
1年次で学んだ知識・技術を土台に、歯科治療や処置についてより深く学びます。現場を意識した実習で応用力を養いながら、現場で活きるスキルを身につけ医療人としての基礎を固めます。
・歯周治療学 ・歯科予防処置論
3年:実践
歯科医療の現場に出て、学んだ技術を活かすための実践力を身につけながら、3年間の集大成である国家試験合格を目指します。また、就職指導も並行して行い、即戦力として活躍できる人材育成を目指します。
・臨地 ・臨床実習 ・国家試験対策
就職について
■取得可能な資格
・歯科衛生士国家試験受験資格
・生涯スポーツ指導員資格
■卒業後の進路
歯科医院
総合病院
大学病院
保健所
老人保健施設
入試日程
イベントカレンダー
年,
スキルアップセミナー
入学について
個別相談会
応援するアスリートについて