0歳から100歳までの動ける身体をつくる人財を育成する専門学校
保護者の方へ
資料請求はこちら
作業療法学科
心理学に基づいた様々なセラピーを通して、心身の健康に必要な活動できる意識と身体の機能を回復・促進するセラピストです。作業療法士の仕事の幅は広く、高齢者だけでなく、幼児、子ども、障がい者の方々などセラピーを必要とするすべての人々の支えとなります。
作業療法学科の3つの特徴
その1.生活に寄り添う作業療法士へ
日常生活に必要な心身機能や、環境への適応能力の獲得を目指すのが作業療法士の主な仕事です。病気やケガ、障がいからの回復に身体だけでなく、心のリハビリテーションも大切です。技術だけでなく心を支えることができる作業療法士の育成を目指します。
その2.エキスパートを育てる設備とカリキュラム
作業療法士の治療・援助は、対象者に必要な作業能力を見極め、物づくりや音楽、ゲーム、スポーツなど様々な「作業」を通してその力を養います。日常訓練室などの設備を使った実習や、プロの現場での臨床実習を通じて、現場で求められる技術や判断力を身につけます。
その3.幅広い活躍のフィールド
子どもからお年寄りまで、生活障がいを持つ全ての人に関わる作業療法士は、病院・リハビリセンター・老人保健施設など幅広い活躍のフィールドがあります。地域包括ケアが進むなかでますます需要が高まる作業療法士は、社会が求める医療人です。
カリキュラムの流れ
1年:基礎
保健体育、自然科学から社会科学までリハビリテーションだけでなく社会人としての教養を身につけ、基礎医学や臨床医学を通して医療技術者としての基礎を作ります。また、知識だけでなく理解力・観察力・判断力を培い、作業療法士としての資質を高めます。
・作業療法学概論 ・解剖学 ・生理学
2年:専門
1年次で得た知識を基に、現場を意識した講義・演習を通じてより専門的なリハビリテーション技術を学びます。また、実習を通じて職業倫理を高め、医療人としての立ち振る舞いも身につけます。
・身体障がい作業療法学 ・地域作業療法学
3年:実践
病院やリハビリテーション施設等での臨床実習で、より実践的技術を身につけます。学んだ知識をより確かなものにするだけでなく、作業療法士として欠かせない対象者とのコミュニケーションも実践の中で学んでいきます。
・総合臨床実習
就職について
■取得可能な資格
・作業療法士国家試験受験資格
・生涯スポーツ指導員資格
■卒業後の進路
医療機関
リハビリテーションセンター
老人保健施設
保健所
社会福祉施設
入試日程
イベントカレンダー
年,
スキルアップセミナー
入学について
個別相談会
応援するアスリートについて