0歳から100歳までの動ける身体をつくる人財を育成する専門学校
保護者の方へ
資料請求はこちら
学科・定員
学科 コース 募集定員 修業年数 授業時間
柔道整復学科 昼間 I 部 60名 3年 月曜日~金曜日
9:30 ~ 12:40
昼間 II 部 60名 月曜日~金曜日
13:30 ~ 16:40
夜間部 60名 18:20 ~ 21:30
【週3日(月・水・金)】
鍼灸学科 昼間 I 部 30名 3年 月曜日~金曜日
9:30 ~ 12:40
昼間 II 部 30名 月曜日~金曜日
13:30 ~ 16:40
スポーツ鍼灸学科 夜間部 30名 3年 18:20 ~ 21:30
【週3日(火・木・土)】
理学療法学科
※他学科との併学はできません
昼間部 40名 3年 月曜日~金曜日
9:30 ~ 16:40
看護学科
※他学科との併学はできません
昼間部 80名 3年 月曜日~金曜日
9:30 ~ 16:40
アスレティックリハビリテーション・
スポーツトレーナー学科
夜間部 30名 2年 月曜日~金曜日
18:20 ~ 21:30
整体セラピスト学科 昼間部 30名 1年 月曜日~金曜日
9:30 ~ 12:40
歯科衛生学科<指定申請中> 昼間部 40名 3年 月曜日~金曜日
9:30 ~ 16:40
作業療法学科<指定申請中> 昼間部 40名 3年 月曜日~金曜日
9:30 ~ 16:40
生涯スポーツトレーナー介護福祉学科
<指定申請中>
昼間部 30名 2年 月曜日
9:30 ~ 16:40
火曜日〜金曜日
9:30 ~ 12:40

※教育上特に必要があるときは、休業日に授業を行い、また休業日以外の日を臨時に休業することがあります。
※週3日制の学科は記載日以外の日も授業になる場合があります。
出願資格
  推薦入試 AO入試 一般入試
推薦入試 指定校
推薦入試
部活動指導者
推薦入試
特別
推薦入試
高校生
社会人
・専 門
・短 大
・大学生
     

※看護学科については特別推薦・AO入学試験は行いません。
◆出願資格
下記のうち、いずれかを満たしている者
(1)高等学校(中等教育学校を含む)を今年度末までに卒業見込みの者
(2)通常の課程による12年の学校教育を終了し、今年度末までに卒業見込みの者
(3)外国における学校教育12年の課程を修了し、今年度までに卒業見込みの者、あるいはこれに準ずる者で、文部科学大臣の指定した者
(4)文部科学大臣が高等学校の課程と同様の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を今年度末までに修了見込みの者
(5)修業年限が3年以上の専修学校の高等課程を今年度末までに修了見込みの者
(6)高等学校卒業程度認定試験に今年度末までに合格の見込みの者(ただし、今年度末までに年齢が満18歳に達する者)

<入学資格に関する注意>
次に該当する方は柔道整復師や鍼灸師の免許が与えられない事があります。
1.心身の障害(厚生労働省令で定めるもの)にかかっている人
2.麻薬、大麻またはアヘンの中毒者
3.罰金以上の刑に処せられた者
4.当該医療業務に関して犯罪又は不正の行為があった者
※「免許が与えられない事がある。」とは、上記に該当していても免許を与えるか与えられないかは、厚生労働大臣がその該当する程度や有害性などを考慮して判断します。よって、必ず免許が受けられないわけではありません。


選考区分
【推薦入試】
学業成績、人物共に優れ、勉強意欲があり、本学を専願とする者(合格した場合必ず入学手続きを行い入学する者)で、次の出願資格のいずれかに該当し、推薦基準を満たしている者。

■下記のうち、いずれかを満たしている者
(1)高等学校(中等教育学校を含む)を今年度末までに卒業見込みの者
(2)通常の課程による12年の学校教育を終了し、今年度末までに卒業見込みの者
(3)外国における学校教育12年の課程を修了し、今年度までに卒業見込みの者、あるいはこれに準ずる者で、文部科学大臣の指定した者
(4)文部科学大臣が高等学校の課程と同様の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を今年度末までに修了見込みの者
(5)修業年限が3年以上の専修学校の高等課程を今年度末までに修了見込みの者
(6)高等学校卒業程度認定試験に今年度末までに合格の見込みの者(ただし、今年度末までに年齢が満18歳に達する者)

  推薦入試区分 出願資格 推薦基準 特典
1 指定校推薦入試 高等学校卒業見込みの者
(高等専門学校3年次修了見込みを含む)
(在学校もしくは当校にお問い合せください)
本学が指定した高等学校の校長から推薦を受けられる者で、高等学校での評定平均値が3.3以上の者
看護学科については3.8以上の者
※指定校推薦入学試験の受験には指定校推薦書が必要となります。
受験料免除
2 高等学校長推薦入試 高等学校卒業見込みの者
(高等専門学校3年次修了見込みを含む)
出身高等学校長の推薦が得られること  
3 部活動指導者推薦入試 高等学校卒業見込みの者
(高等専門学校3年次修了見込みを含む)
所属している部活動の指導者・顧問の先生などからの推薦が得られること、
部活動名を記載すること
 
4 特別推薦入試 高等学校卒業の者または
高等学校卒業見込みの者
プロスポーツ・アマチュアスポーツで活躍 実績のある者で、本校が推進するZERO100プロジェクトに貢献できるもの
※別途必要書類
経歴書・自己アピール書
※経歴書・自己アピール書はエントリー時にご提出下さい。
※未提出の場合は入試資格要件を満たさない事とする。
SS特待…入学金免除・授業料免除
S特待…入学金半額免除・授業料半額免除
A特待…入学金免除
B特待…入学金半額免除
C特待…入学金20万円免除
【一般入試】
■下記のうち、いずれかを満たしている者
(1)高等学校(中等教育学校を含む)を今年度末までに卒業見込みの者
(2)通常の課程による12年の学校教育を終了し、今年度末までに卒業見込みの者
(3)外国における学校教育12年の課程を修了し、今年度までに卒業見込みの者、あるいはこれに準ずる者で、文部科学大臣の指定した者
(4)文部科学大臣が高等学校の課程と同様の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を今年度末までに修了見込みの者
(5)修業年限が3年以上の専修学校の高等課程を今年度末までに修了見込みの者
(6)高等学校卒業程度認定試験に今年度末までに合格の見込みの者(ただし、今年度末までに年齢が満18歳に達する者)


【AO入試】
学力のみを重視する従来型の入学選考ではなく、一人ひとりの多様な個性・能力・意欲等について総合的かつ多面的な評価を行い、本校が求める医療人に相応しい資質と社会に対する貢献意欲が備わっているかを書類審査(自己アピール書)と小論文面接を通じて審査・選考する方法です。
※看護学科についてはAO入学試験は行いません。

・出願資格
医療活動・健康・福祉促進活動・ボランティア活動・部活動等で、優れた実績がある者で、本学を専願とする者
(合格した場合必ず入学手続きを行い、入学することを条件(専願制)とします。)

出願手続きについて
◆入試選考必要書類(期日内必着)
(1)入学願書・受験票
 本校所定の用紙に、黒のボールペンを用いて楷書で必要事項を記入の上、写真を貼付してください。
 ※写真2枚・・・縦4cm×横3cm、3ヶ月以内に撮影、上半身正面、無帽のもの
 ※氏名は戸籍に記載されている文字で正確に記入してください
(2)健康診断書
 本校所定用紙の記載事項すべてが受診できる医療機関で3ヶ月以内に受診したもの
 ※平成29年3月卒業見込みの高校生の方とAO入試の方は、健康診断書は不要です
(3)卒業証明書
 出身高校の卒業証明書
 ※平成29年3月卒業見込みの高校生の方が合格した場合は、高等学校を卒業後、卒業証明書の提出が必要になります。
(4)調査書
 出身高等学校の調査書
 ※調査書も発行できない場合は『発行できない旨の証明書』を提出
(5)返信用封筒
 本校所定の返信用封筒に郵便切手(各420円)を貼付し、郵便番号・住所・氏名を記入して2通提出してください
 ※持参の場合は1通で可
(6)受験料
 受験料2万円…郵便為替(無記名のもの)又は現金(願書持参の方)


入学手続きについて
1. 入学手続きについて
「合格通知書」到着後、指定した期日迄に入学金を納入して下さい。

2. 入学許可について
(1)入学手続き完了後、「入学許可書」を送付します。
(2)高等学校卒業見込みでの受験で合格し、本校に入学される方は、平成29年3月25日(土)までに出身高等学校の卒業証明書を提出してください。
(3)入学を許可した者であっても、入学資格を満たさない事実が判明した場合は、入学許可を取り消すことがあります。
(4)入学式やオリエンテーションの案内等は3月上旬頃に郵送します。

3. 諸注意
(1)一般入学試験の受験で合格後、指定された期日内に入学手続きをされない場合には、入学を辞退したものとみなします。
(2)一般入学試験の受験で合格し、すでに入学手続き完了者が入学辞退を希望する場合は、本校指定の「入学自体届」を平成29年3月31日(金)17時までに本校入学試験係まで提出してください。その場合は入学金以外の学費を返還します。
但し、平成29年4月1日(土)以降の辞退については、納入済みの学費はいかなる場合も返還しません。
(3)入学手続き完了者で、入学金分割分納払い制度をご利用の方につきましては、平成29年3月31日(金)までに入学を辞退した場合でも入学金全額の支払い義務が生じます。
また、平成29年4月1日(土)以降の入学辞退につきましては入学金、ならびに初年度の授業料・実習費、および校友会費・同窓会費・スポーツ振興協賛金全額の支払義務が生じます。

4. KMSサポートについて
KMSサポートとは、在学中に教育の現場で実施することが困難な研修をはじめ、学校として直接できない福利厚生授業を「学校法人国際学園グループ」の相互扶助、及び学校の協賛によってまかなうものです。
また、 希望者は卒業後も継続して加入頂くことで、研修への参加や施術保険の加盟など、卒業生の業界での活躍を支援致します。

サポート内容の詳細については、本校のパンフレットや専用ホームページ(http://kms-support.jp/)をご覧ください。
在校生はKMSサポートへの入会が必須となります(会費は月額1,000円の自動引き落としとなります)

5. 基礎分野科目・専門基礎分野科目(一部)の既履修単位認定について
対象学科 ■柔道整復学科
■鍼灸学科
■スポーツ鍼灸学科
■理学療法学科
■看護学科
■アスレティックリハビリテーション・スポーツトレーナー学科
大学・短大および医療系養成学校において既に履修した科目について、その単位が認定されれば、本校対象学科における該当する科目の履修を免除します。単位認定については、追って通知します。

入試日程
イベントカレンダー
年,
スキルアップセミナー
入学について
個別相談会
応援するアスリートについて