0歳から100歳までの動ける身体をつくる人財を育成する専門学校
保護者の方へ
資料請求はこちら
アスレティックリハビリテーション・スポーツトレーナー学科
アスレティックリハビリテーション・スポーツトレーナー学科とは?
スポーツドクターやコーチと共に競技者の健康管理、スポーツ障がい予防、スポーツ外傷・障がいの救急処置、アスレティックリハビリテーション及びトレーニング、コンディショニング、メンタルケア等を行います。 また、優秀な選手を育てるためのジュニアスポーツの場などでも指導を行い、スポーツ競技選手をトータルにサポートします。
これからのアスレティックトレーナーとは?
KMSでは、スポーツトレーナーとして最高峰の資格である、公益財団法人日本体育協会認定のアスレティックトレーナー(AT)の資格取得はもちろんJATI認定トレーニング指導者、SAQインストラクターなど多くの資格取得を目指します。またアスリートだけでなく、ジュニアスポーツクラブや中学・高校の部活のトレーナー、健康づくりを目的とした高齢者への指導ができるトレーナーを育成します。
就職について
■九州トップクラスの合格者数
平成27年度日本体育協会公認
アスレティックトレーナー理論試験
11名合格(在校生10名)
本学科(2年制)1期生が4年制の大学・3年制の専門学校でも、新卒合格者が1人いれば「よかった!」と言われる日本体育協会公認アスレティックトレーナー理論試験に、本学科は11名合格しました。九州はもとより西日本、全国でも屈指の成績です。著名な講師陣による充実教育内容、専任教員による圧倒的な試験対策が本学科にはあります。
■活躍できるフィールド
プロスポーツチーム
トレーニングジム
アスレティックトレーニングセンター
フィットネスクラブ
スポーツ施設
健康増進施設
スポーツ専門医療機関
養護施設
企業のスポーツチーム
トレーナー派遣企業
高校・大学等のチーム
■平均初任給(スポーツトレーナーの場合)
19万円〜21万円以上
所属先により給与体系は様々ですが、スポーツトレーナーだけではなく、アスレティックトレーニングセンターやスポーツ専門医療機関、フィットネスクラブなど近年就職先の幅は広がっています。また自分の努力次第で高い収入が目指せるのも魅力のひとつです。
学科について
KMSは、九州でも数少ない公益財団法人日本体育協会認定校です。
スポーツトレーナーのスキルを世界基準にまで引き上げるために誕生した、日本体育協会認定の「アスレティックトレーナー(AT)資格」。この難関な資格を取得するには、協会の厳しい基準をクリアし認定を受けた学校で学ぶことが必要です。本校は、九州でも数少ない認定校として、オリンピックや国民体育大会で活躍するスポーツトレーナーを輩出する事を目的としています。
基盤となる確かなスキル1年次に3資格を取得
日本体育協会公認アスレティックトレーナー資格に合格するため、1年次に、トレーニングに必要な知識と技能を習得した指導者、「JATI認定トレーニング指導者」、スピード能力を高める指導者、「SAQ協会レベル1インストラクター」「救急法救急員」の資格取得を目標にします。2年次には、「日本体育協会公認ジュニアスポーツ指導員(申請中)」、「健康・体力づくり事業団公認健康運動実践指導者(申請中)」の資格取得も可能です。
■プロの現場を体験!豊かな人材を育てるKMSの魅力
高校の部活動で実践指導
高校の部活に参加し、ラダートレーニングなど効果的な方法を指導します。「日本SAQ協会レベル1インストラクター」等の確かなスキルを活かした実践的な内容です。
マスターズ大会で実習
日本スポーツマスターズバスケットボール競技にサポートスタッフとして参加。テーピングやスポーツマッサージ、ストレッチングなどを行うほか、怪我の応急処置などを経験します。
北九州マラソンをサポート
怪我や不具合が起きたランナーの救護隊として参加。自転車でランナーと併走し参加者の安全を守ります。また、ケアブースでは、テーピングやマッサージなどを施し、選手をサポートします。
■施設紹介
グラッチャトレーニングセンター・YANAGIHARAボクシング&フィットジム
本校実習施設として、グラッチャトレーニングセンター・YANAGIHARAボクシング&フィットネスジムなどがあります。それらの実習施設を利用して、アスレティックトレーナーに必要なスキル、トレーニング方法について学んでいきます。
在校生からのメッセージ
いつかはオリンピックへ
夢に向かって毎日を大切にします。
KMSでは、現場実習が多くあり、座学だけではわからない現場の雰囲気や貴重な話を沢山聞くことが出来るので、新しい知識がどんどん増え授業が楽しいです。学ぶうちに、視野を広く持ちあらゆる視点から考えられるようになりました。トレーナーは、気温や天気、現場の状況なども把握することが大事で、そこから新しい発見があることも学びました。将来の目標は、トレーナーとしてオリンピックへ行き選手を支え世界を見ることです。「もっと頑張っておけばよかった」と後悔しないように1日1日を大切に頑張りたいと思います。
よくある質問
日本体育協会認定校ならではの強みは何ですか?
日本体育協会公認のアスレティックトレーナー(AT)は、難易度の高い資格です。この資格を取得するためには、日本体育協会主催の講習会か、免除適応コース承認校で学ぶ必要があります。免除適応コース承認校の卒業者は、もし学科試験を突破できなかった場合でも、何度でもチャレンジすることができます。
トレーナー業界ってどういう業界ですか?
トレーナー業界は、世界と繋がっています。もちろん勉強だけではだめだと思います。コミュニケーション能力や自分の個性を活かすことも大切です。自分の個性をアピールすることも必要な業界だと思います。
教員紹介
寺本 敦司
アスレティックリハビリテーション・スポーツトレーナー学科
アイコン
学科長
寺本 敦司
日本体育協会公認アスレティックトレーナーを本気で目指した時、「オリンピックのトレーナーや世界選手権のトレーナー、プロアスリートのトレーナーになりたい!」という「夢」が「目標」に変わります。
松岡 紗也香
アスレティックリハビリテーション・スポーツトレーナー学科
アイコン
教員
松岡 紗也香
一見輝かしく見えるスポーツ選手の姿。しかしその裏には、積み重ねてきた多くのストーリーがあります。アスレティックトレーナーとして、選手をサポートするスキルを身に付けましょう。
カリキュラム
共通科目 専門科目 現場実習
・スポーツ社会学 ・アスレティックトレーナーの役割 ・スポーツ動作の観察と分析 ・見学実習
・スポーツ経済学 ・トレーニング科学Ⅱ ・検査と測定の手法Ⅰ ・検査/測定と評価実習
・アスレティック
 リハビリテーション
 プログラム作成実習
・コーチング論Ⅰ ・トレーニング科学Ⅲ ・検査と測定の手法Ⅱ
・コーチング論Ⅱ ・バイオメカニクス ・コンディショニングⅠ
・発育発達論 ・運動生理学 ・コンディショニングⅡ
・トレーニング科学Ⅰ ・スポーツ心理学Ⅱ ・コンディショニングⅢ ・スポーツ現場実習
・スポーツ医学Ⅰ ・運動器の解剖と機能Ⅰ ・アスレティック
 リハビリテーションⅠ
・アスレティック
 リハビリテーション実習
・スポーツ医学Ⅱ ・運動器の解剖と機能Ⅱ ・アスレティック
 リハビリテーションⅡ
・スポーツ栄養学Ⅰ ・運動器の解剖と機能Ⅲ ・アスレティック
 リハビリテーションⅢ
・総合実習Ⅰ
・スポーツ心理学 ・スポーツ外傷と障害Ⅰ ・救急処置 ・総合実習Ⅱ
・保健体育理論 ・スポーツ外傷と障害Ⅱ ・スポーツ栄養学Ⅱ  
  ・スポーツ医学Ⅲ    
入学
1年
アスレティックトレーナーになるため、まずはスポーツ全般の基礎知識を1年生で学習していきます。また、アスレティックトレーナーに必要な基礎知識・技術(トレーニング方法・テーピングなど)も学習していきます。
2年
1年生で学習した内容をもとに、アスレティックトレーナーの専門的知識を学習していきます。また、アスレティックトレーナー資格試験合格を目標に試験対策授業も実施していきます。
アスレティックトレーナー
定員・授業時間
学科 コース 募集定員 修業年限 授業時間
アスレティックリハビリテーション・
スポーツトレーナー学科
夜間部 30名 2年 月曜日〜金曜日
18:20〜21:30
指導だけでなく教育と
より深い知識を学ぶ事ができます。
国家資格取得のための知識ももちろんですが、当校では医療分野でのリハビリテーションだけではなく、スポーツと医療の垣根を越えた、より深い知識を学ぶ事ができます。また、知識や技術だけでなく、社会的コミュニケーション能力も身につけていきます。
入試日程
イベントカレンダー
年,
スキルアップセミナー
入学について
個別相談会
応援するアスリートについて