0歳から100歳までの動ける身体をつくる人財を育成する専門学校
保護者の方へ
資料請求はこちら
体験学習紹介
多種多様な現場でのトレーナー研修
学校の中では得られない生の体験が、今後のスキルアップにつながります。
北九州マラソントレーナー参加
全学科をあげ、約100名の学生が参加
「北九州マラソン2016」が開催され1万人のランナーが北九州を駆け抜けました。ケアブースでは九州医療スポーツ専門学校の学生が主体となりブースの運営、総合受付を行い、参加した団体がケアに集中できる環境づくりを行いました。学生にとっても良い人生経験となり、また、将来必要となるコミュニケーション能力を養う練習ができました。来場者も昨年同様700名を超える方がブースを利用してくださいました。当日の寒さもあり、完走後に足を引きずるランナーの方やけがを負った方も多く、ケアブースの存在が更に際立ちました。AED部隊では途中リタイアされるランナーをサポート。現場の空気や緊急事態の対処を経験できたことは他には代えがたいものとなりました。このような多くの経験が出来るのも九州医療スポーツ専門学校ならではです。
医療とスポーツのシンポジウム
「0歳から100歳までの動ける身体づくりをサポートする人財を育成する」を目標に掲げ、また社会への提言として毎年、シンポジウムを開催しています。
スポーツと健康の大切な関わりを多角的な視点でとらえ、各専門家の方々より「健康と運動、スポーツの深い関わり」を発信しております。
■2009年 第1回  ゲスト:植田 辰哉氏
全日本男子バレーボール監督 植田辰哉氏をむかえ、基調講演「スポーツでコミニュケーション」を開催。
■2010年 第2回  ゲスト:前田 弘氏
プロスポーツ界の第一線でトレーナーとして活躍されている前田弘先生による講演会を開催。
■2011年 第3回  ゲスト:水野 加余子氏・池田 親興氏
日本女子テニス連盟 理事 水野加余子氏と元プロ野球選手の池田親興氏をゲストに、熱く面白く、ためになるお話を聞く事ができました。
■2012年 第4回  ゲスト:角田 信郎氏
角田信郎氏による「涙と汗の格闘家人生」、今までの成功と挫折のエピソードを熱く語って頂きました。
■2013年 第5回  ゲスト:第69代横綱 白鵬 関(宮城野部屋)
2013年11月4日、北九州国際会議場にて行われた「第5回 医療とスポーツのシンポジウム」。5名の先生方の講演に続き、2部に特別ゲストとして第69代横綱白鵬関を迎え、様々なお話を聞くことができました。興味深い内容の連続に、来場者も熱心に聞き入りました。
■2014年 第6回  ゲスト:魔裟斗氏
第6回シンポジウム『REBORN~試練からの蘇り~』を開催。当日は、良いお天気にも恵まれ、会場は超満員。臨時席を作るほどのお客様にご参加いただきました。
第一部では、九州医療スポーツ専門学校の学生による学術発表が行われ、「地域のスポーツイベント」や「プロスポーツチームへのインターンシップ」などの経験を元に、素晴らしい発表をして頂きました!さらに、シンポジウムのメインゲストである魔裟斗さんが登場され、『REBORN~試練からの蘇り~』をテーマにスペシャルセッションを行っていただきました。魔裟斗さん、ご自身の挫折から蘇りまでの熱いお話をして頂きました。
第二部では、魔裟斗さん、本校の水嶋理事長に加え、学術発表を行った2名の学生も参加し、パネルセッションが行われました。終始温かい雰囲気で話は盛り上がり、魔裟斗さんから学生さんへの質問もして頂き、笑いある楽しいパネルセッションとなりました。
限界まで、心身を鍛えたアスリートの方のお話は、とても参考になり、人生を考えるきっかけを与えてくれます。
■2015年 第7回  ゲスト:小塚 崇彦氏
「第7回 医療とスポーツのシンポジウム Message 〜未来のスポーツトレーナーへ送る言葉〜」。前半は、九州医療スポーツ専門学校の在校生、卒業生3名に実践報告として、日頃行なっている活動を発表してもらいました。グラッチャの子どもたちに日頃のスクールの様子を披露してもらうシーンでは、子ども達のあまりの可愛さに会場全体が笑顔になりました。
後半は、元フィギュアスケート選手 小塚崇彦さんとそのトレーナーとして活躍した出水慎一(九州医療スポーツ専門学校 柔道整復学科卒)が登場し、アスリートとトレーナーの関わりなどを中心にお話ししていただきました。
「教えて☆小塚さん」と題した高校生とのシェアトークも行なわれたほか、小塚選手と出水トレーナーの兄弟のような仲の良いお話が伺え、終始温かい雰囲気で盛り上がりました。
トップアスリートとスポーツトレーナーの理想的な関係を作っているお二人の姿は、未来のスポーツトレーナー達にとても良いMessageとなりました。
九州医療スポーツ専門学校杯 北九州高校サッカーフェスティバル
福岡、大分、熊本、長崎、佐賀各県から、70校のチームが参加し、約20の会場で試合が繰り広げられる伝統ある大会です。選手だけではなく、トレーナーで参加している側も熱くなります。救護班として、またトレーナーとして、KMSがしっかりフェスティバルをサポートしています。
プロボクシング 九州医療スポーツ専門学校杯
KMSがサポートしている柳原ボクシングジム主催の大会です。セコンドとして、トレーナーとして大会を一緒に盛り上げています
入試日程
イベントカレンダー
年,
スキルアップセミナー
入学について
個別相談会
応援するアスリートについて