0歳から100歳までの動ける身体をつくる人財を育成する専門学校
保護者の方へ
資料請求はこちら
理事長からのご挨拶
「社会に活用できる学問を学ぶ」
そして自己満足せずに問い続けることで、世界一を目指す。
有名な福沢諭吉の「学問のすすめ」では、『学問の本質は、学問を自分がどう活用できるかにかかっている。現実社会に活用できないような学問をしていては、無学と言われても当然である。』また、『あらゆる素材、現象の長所と短所とをあますところなく検討すること。より高い段階を目指し、決して自己満足しないこと。』がとても大切だと述べています。
本校は、統合医療に欠かせない、保健・医療・福祉・スポーツの分野で地域医療の一翼を担える人財の育成を目標に、「柔道整復学科」「鍼灸学科」「スポーツ鍼灸学科」「理学療法学科」「アスレティックリハビリテーション・スポーツトレーナー学科」「整体セラピスト学科」を設置し、平成28年度はさらに、「看護学科」を設置いたしました。
「医療系」と「スポーツ系」の領域を網羅した専門家を育てる北九州唯一の専門学校として、時代に先駆けてその領域を広げています。
さらに本校のグループには研修施設として、整骨院・鍼灸院・整体院・デイサービス、そして子ども運動トレーニングセンターなどがあります。よって、在学中の研修では、実践現場を多く経験して頂けます。また、本校の教員だけでなく、プロスポーツ界の第一線で活躍した特別講師から、プロの現場でしかわからない様々なシーンに対するアプローチを学ぶことが出来ます。
このように本校だけの教育カリキュラムは、卒業後、必ずや社会で活躍できる人財を育むことが出来るものであると確信しております。
また、本校では、競技だけにとどまらず、健康維持と増進を目的としたトレーナーを「生涯スポーツトレーナー」と位置づけております。本校の教育の目的である「ZERO100プロジェクト」は、子どもから高齢者までの健康な身体づくりをサポートできる多くの生涯スポーツトレーナーを育成することで、積極的に地域と関わり、社会に貢献していくものです。また、医療機関との連携を見据え、本校では多くの資格取得を可能とした体制を整えており、時代のニーズにも応えています。
すべての人々の健康をサポートする生涯スポーツトレーナーとして世界一を目指すのは夢ではありません。
世界中の人々が、健康で笑顔あふれる人生を楽しく過ごせる社会を目指して、私たちと共に学び、歩んでいきましょう。

理事長 水嶋昭彦
理事長略歴
昭和57年
行岡保健衛生学園卒業(柔道整復師免許取得)
昭和62年
湯川整骨院開業
平成10年
ナショナル整体医学院開校
平成13年
有限会社メディカルネットサービス設立
平成14年
統合整体北九州協同組合設立
平成16年
柔道整復師教員免許取得
平成18年
メディカルネットサービス株式会社化
平成20年
学校法人国際学園 九州医療スポーツ専門学校開校
平成25年
公益財団法人 日本健康スポーツ連盟 副理事長就任
入試日程
イベントカレンダー
年,
スキルアップセミナー
入学について
個別相談会
応援するアスリートについて